症状別の解説:五十肩・腕の痛み ※当院の対処法ならびに施術の効果については個人差がございます。

五十肩・腕の痛み について

50肩・腕の痛み五十肩の原因は未だに不明と言われていますが、加齢による肩周辺の筋肉など(腱板、上腕二頭筋長頭腱など)の退行変性をきっかけとして肩関節の周囲に炎症が生じ、関節組織が委縮して肩の運動制限が起きると考えられています。
40代~50代が最も多いですが、高齢者でも発病することがあります。

特に日本人は姿勢の悪さによって背中や肩周辺の筋力が低下し、それが五十肩の原因となっているという説もあります。

当院の対処法とアドバイス

半年~1年半で治癒するのが特徴ですが、夜眠ることが出来ないくらい苦痛が続き、このまま治らないのでは?と不安になるのが普通です。しかし予後は比較的良好なので心配はありません。

平均的には治癒まで1年くらいかかるのが一般的です。 しかし、治癒の過程で何もせずに安静で過ごしていると、稼働域に制限が出来る場合があるため、急性期を過ぎたあたりから運動療法が必要です。

運動療法は肩甲骨を意識したエクササイズ、インナーマッスルトレーニングなどが有効で、少々痛くても我慢して動かすことが大切な時期もあります。 また、当院のトリガーポイント療法は、治癒を早める効果があります。
五十肩になった場合、同時あるいは時期をおいて反対側の肩にも症状が出ることが多いので、これらの治療を行うことは反対側の肩の予防にもつながります。