症状別の解説:更年期障害 ※当院の対処法ならびに施術の効果については個人差がございます。

更年期障害 について

全体の症状自律神経的な不定愁訴の症状ですので、全身の筋肉を調整して血流を良くすることが大切です。痛いままの状態でお体を放置しておくと、その痛みがさらにストレスとなって症状を悪化させてしまいます。筋肉を柔らかく調整して、いったん体を軽くすると気分も明るくなります。

規則正しい生活を行うように努め、カルシウムが欠乏しやすいので栄養バランスや適度な運動を行うことが大切です。また、運動は疲れにくい体に変える効果もあり、運動による疲労感が睡眠を誘発します。入浴ももちろん重要です。

当院の対処法とアドバイス

自律神経的な不定愁訴の症状ですので、全身の筋肉を調整して血流を良くすることが大切です。痛いままの状態でお体を放置しておくと、その痛みがさらにストレスとなって症状を悪化させてしまいます。筋肉を柔らかく調整して、いったん体を軽くすると気分も明るくなります。

規則正しい生活を行うように務め、カルシウムが欠乏しやすいので栄養バランスや適度な運動を行うことが大切です。また、運動は疲れにくい体に変える効果もあり、運動による疲労感が睡眠を誘発します。入浴ももちろん重要です。