症状別の解説:スポーツ障害 ※当院の対処法ならびに施術の効果については個人差がございます。

スポーツ障害 について

スポーツ障害肉離れ、ねんざ、骨折などの急性的なケガについては、まず整形外科を受診することになりますが、ケガが治癒していく段階で筋肉が硬くなり、トリガーポイント(筋肉のコリ)が出来て慢性的な痛みになることがあります。
また、ケガした側をかばうために体全体のバランスが悪くなり、違う箇所に痛みが発生することがあります。
カイロプラクティックはそういう慢性的な痛みを取ることが得意です。

当院の対処法とアドバイス

たとえば肉離れを起こした後、治っていく段階できちんとしたケアをしていかないと慢性的な痛みになります。
これは筋肉にトリガーポイントが出来ている可能性が高いです。 このトリガーポイントはストレッチだけでは取れませんので、当院ではトリガーポイント療法にて筋肉の緩和操作を行います。
ご自宅ではストレッチを毎日行っていただく必要があります。急性期ではないので、完全休養ではなくトレーニングを継続したほうが治りは早いです(トレーニングメニューは落とす必要があり ます)。

スポーツによるケガは、その競技におけるフォーム、筋力などのバランスの悪さが引き金になっていることもあります。カイロプラクティックでお体のバランス をチェック、矯正し、バランスの良い姿勢や歩き方なども指導しますので、日常的に生活習慣を気をつけることは必ず競技に生きてくるでしょう。

また、スポーツ障害はオーバートレーニングによる疲労蓄積が原因ですので、「ケガをしない体作り」が最も大切です。カイロプラクティックによる日頃のメンテナンスはケガの予防として非常に効果が高いです。

当院は特にランナーのスポーツ障害を得意としています。