骨盤調整について 「ゆがみを改善し、あなたの身体を理想的なバランスに!」

〜皆さんはこんなことを言われたり、感じたりしたことはありませんか?〜

え?骨盤がずれている??

「腰痛の原因は骨盤がずれているからです」

「腰のあたりから横に広がっている体型は骨盤が開いていることが原因です」

「左右の脚の長さが違う」

「ズボンやシャツの袖の長さが左右で違う」

「靴底の減り方が左右で違う」

「スカートが右や左に回るクセがある」

「O脚である」


骨盤が開く?

整体などで施術を受けた際、「下半身が横に広がっているのは骨盤が開いているからです」と言われたことはありませんか?

おそらくその先生は、仙腸関節(腰骨の下にある「仙骨」とお尻の内側にある「腸骨」をつなぐ関節)が開いているという説明をされたのでしょう。しかし、解剖学的には仙腸関節は強靱な筋肉や靭帯でがっちり固定されているので、体形が広がって見えるほど開くことなどありえないのです。

よく聞く「骨盤のゆがみ」、「骨盤がずれる」、「骨盤が開く」ということは一体どういうことなのでしょう?

仙腸関節


骨盤の歪みとは?

では、骨盤の歪みとはいったいなんでしょう。

骨盤の歪みとは、姿勢などの生活習慣によって骨盤や股関節まわりの筋肉が緊張し、正しい骨盤の位置を保てない状態を言います。つまり、正しい姿勢を取れてないということです。

たとえば、いつも右脚を上に組んで座るクセがある人は、右側の大腰筋(腰から股関節につながっている筋肉)をいつも縮めた状態にしているため、右側の骨盤が後傾しやすい状態となり、右足が短くなりがちです。この場合、そもそもの原因は大腰筋の緊張ですので、仙腸関節だけを調整しても右足の長さは変わりません。このように「骨盤のゆがみ」「骨盤のずれ」というのは、骨盤、背骨、股関節など骨盤回りの関節や筋肉の状態に着目する必要があり、「骨盤だけ」にこだわっても根本的な解決策とはなりません。

また、骨盤のゆがみは大腰筋の緊張をともなうことが多いため、大腿の付根の血管を圧迫します。そのため冷えやむくみの原因になりがちです。さらに、骨盤がゆがむと下半身のアンバランスを上半身で歪みを補正しようとする動きになり、全体的にアンバランスな姿勢となってしまいがちです。よく「上半身は右が硬いが、下半身は左が硬い」、「肩こりは右、腰痛は左」などと訴える方はこの歪みの影響が起きている可能性があります。最悪の場合、頭蓋骨にぶら下がっている「あご」の動きにまで影響し、「顔がゆがんで見える」という状態を引き起こすこともあるのです。


当院の骨盤調整は?

まず姿勢や歩き方のクセを診るところから始めます。また、日頃の生活習慣などのヒアリングを十分に行い、筋肉・関節の硬さや左右差を確認し、その人の骨盤調整についてもっとも効率的な施術を考えます。

調整後はゆがみを防止するためのエクササイズや姿勢の取り方、歩き方をきちんと指導いたします。
施術は患者様と十分コミュニケーションを取りながら無理なく行いますので、ご安心ください。


骨盤の歪みを調整するとこんな効果が期待できます!

肩こり、首の痛み、腰痛の改善

土台である骨盤からゆがみを調整するので全身のバランスがよくなります。

猫背や出っ尻、ぽっこりお腹、下半身の体型が改善されます。

全身のバランスが改善されるので正しい姿勢を取りやすくなります。姿勢的なO脚も改善されます。

内臓の働きがよくなり、冷えやむくみの改善、生理痛にも効果があります。

骨盤のゆがみが原因となっている血行不良が改善し免疫力も上がります。

スポーツのケガ予防になります。

骨盤のゆがみは脚(足)の痛みの原因となったり、腰や股関節まわり膝関節の動きに負担をかけます。

気持ちが前向きに!

姿勢が良くなり、人に与える印象が良くなるため、視界も人生も開けてきます!


※施術の効果については個人差がございます。