産後の骨盤・姿勢調整について

産後の骨盤の歪みは、妊娠中のお母さんの姿勢が原因です。

妊娠によってお腹が大きくなるにつれて、そのバランスを保とうとするために反り腰の姿勢になってしまいます。この時ほとんど腹筋を使うことが出来ず、骨盤は大きく前傾するため腰の筋肉は収縮しやすくなり、腰痛や背部痛の原因となります。

出産後はさらに腹筋も弱くなっており、この姿勢のままで固まってしまうことが多いので、「体型が変わった」、「ジーンズのサイズが合わなくなった」、「慢性腰痛が治らない」と訴えるお母さんが多いのです。

また、産後の骨盤の歪みによって股関節まわりの筋肉が縮んで硬くなる影響で下肢への血流が悪くなり、冷え性やむくみの原因となることもあります。

産後の骨盤・姿勢調整


当院の産後の骨盤・姿勢調整は

出産後のお母さんのお役にたつために、当院では産後6週間~8週間を経過した方を対象に、産後の骨盤調整をおすすめしております。

骨盤の歪みの原因・痛みの原因となっている骨盤・股関節まわり・腰背部の筋肉および関節の調整を行い、全身のバランスを整えます。

また、反り腰にならないための姿勢の取り方や、骨盤を正しい位置に保つための体幹力を上げる簡単なエクササイズを指導いたします。

正しい姿勢の意識を少し変えることでインナーマッスル強化につながりますので、代謝が良くなりダイエット効果も期待できます。

SNN_1491

※施術の効果については個人差がございます。