トリガーポイントセラピー 「これが痛みの原因です!」

トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは頭痛がする時に、決まって肩や首の筋肉がひどくこっている方はいませんか?
また、肩や首の周辺に「コリッ」とした硬いしこりがありませんか?

その部分を指で押してみると「ズ~ン」とした何とも言えない痛みがその周辺や他の部分に広がることがあります。

その痛みがある筋肉の部分を「トリガーポイント」と呼び、他の場所に広がる痛みを「関連痛」といいます。
「トリガーポイント」とは直訳すると「痛みの引き金点」となりますが、いわゆる「痛みの原因となる強いコリ」と思っていただければ理解しやすいでしょう。

トリガーポイントは、関節痛・神経痛・しびれ・だるさなど不快な症状の原因となります。


トリガーポイントは「ナゼ」できる?

トリガーポイントは外傷や急激な動き(激しい運動など)、日常の繰り返し動作(悪い姿勢や日常のクセ)などによって筋肉に負担がかかることにより筋肉が短縮(拘縮)します。短縮した筋肉の圧迫によって血流が悪くなり、さらに筋肉の中に硬いしこりが出来て痛みを放散します。これが「トリガーポイント」の正体です。

外傷や急激な動作でできる割合は低く、どちらかというと長時間のデスクワークなど日常の悪い姿勢などによって、じわじわと筋肉に疲労をため込み、トリガーポイントになることがほとんどです。


トリガーポイントは「どこに」できる?

ひとつの例として、肩こりを原因とする頭痛は、肩や肩甲骨の周辺、首の筋肉にトリガーポイントができることによって起こります。

また、お尻から下肢に広がる痛みやしびれはヘルニアや脊柱管狭窄症による坐骨神経痛が疑われますが、小殿筋などのお尻の筋肉に出来たトリガーポイントが原因であることが少なくありません。 トリガーポイントによる痛みのパターンは全身のあらゆる場所に出来ることがわかっています。

トリガーポイントはどこにできる?


トリガーポイントができると

痛みというストレスが新たな痛みを発生させるという「痛みの悪循環」になる可能性があります。
いったん痛みの悪循環にはまると、そこから抜け出すのは難しくなります。これが慢性痛の正体です。

トリガーポイント療法で痛みの悪循環を断ち切る


トリガーポイント療法によって「痛みの悪循環」を断ち切る

長い慢性痛は、この痛みの悪循環に陥っている可能性があります。この悪循環から逃れるためにはトリガーポイントを緩めて筋肉内にしっかり血液を流し、酸素を送ってあげることが大切です。

当院では虚血圧迫という独特な方法によってトリガーポイントを緩める施術を行います。
虚血圧迫とは指圧のような感覚で受けられると思います。「効いてる~」「痛いけど気持ちいい~」「ツボを押さえられてる感じ」という印象ですが、東洋医学で言うところのツボを狙っているのではありません。

トリガーポイント療法とは、解剖学的な科学的根拠に基づいた施術なのです。